おこぜの空耳


 
 埼玉県の奥秩父の伝承的民俗学?
 それほど古くはない昔語り。本当にあった事かどうかは判らない。ただ、話す者たちにとっては実際に起こった事なのでしょう。秩父の山の恐ろしさを語る話が6話。
 第一話 天狗の腰かけ松の怪
 第二話 オコジョの祟り
 第三話 山の神の遊び場
 第四話 山吹沢の怪魚
 第五話 浜平風聞
 第六話 おこぜの空耳
 
題名 おこぜの空耳(そらみみ)
著者 遠藤ケイ
出版社 かや書房
発行日 1991年10月28日 初版第1刷発行
値段 1,800円(本体 1,748円)