植物の自然史


 
 大学で使用される教本のような本です。かなり専門的で難しいですが、所々素人にも面白い部分があります。
 素人にもわかるであろう、興味を引くであろう部分を目次から拾ってみます。
 ・種子散布の生態学
 ・アズキ野生種の分類と分布
 ・木材解剖学
 ・種子の形態学
 ・花粉形態
などです。
 「アズキ野生種の分類と分布」では、栽培されるアズキの野生種の一つが日本にもある「ヤブツルアズキ」である。などは知ってちょっと得した気分。雑学に使えそうです。
 
題名 植物の自然史(多様性の進化学)
遍著 岡田 博・植田邦彦・角野康郎
出版社 北海道大学図書刊行会
発行日 1994年1月25日 第1刷発行
    1995年12月10日 第3刷発行
値段 3,090円(本体3,000円)



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>